良いシールドのススメ

こんばんは。

今日は僕のオススメのギターシールドについて書こうと思います。
世の中、非常にたくさんのギターシールドが売っており、なかなか最初は
どれを買って良いか迷われる方も多いのではないでしょうか?

僕は今までにたくさんのシールドを使ってきましたが、
今日は僕の特にオススメするシールドを3つほど書きます。

僕のオススメのギターシールドは、
  1. VOVOX link シリーズ

  2. BELDEN 9395

  3. Mogami 2524


この3つが好きです。




1つ目のVOVOXはハイエンドケーブルメーカーとした有名でスイス製です。
巷ではVOVOXのSonorusという上位ケーブルが人気ですが、
僕はあえてのlinkシリーズが大好きで、ここ3、4年メインで使っております。
Sonorusも持っていますが、個人的には独特のコンプ感を感じ、
出したいダイナミクスの反応が悪くなるので、あまり好きではなかったです。
linkシリーズはコンプ感も感じず、ニュアンスもつけやすいし、大好きです。
そして、このシールドやたら軽いです!
音の感じはかなりフラットなんですが、上の伸びがより綺麗なイメージが
あります。
癖もなく、とても使いやすいです。


次にオススメするシールドは、かの有名なBELDENです。
BELDENはたくさんのケーブルの種類があり、それによって音がだいぶ違うのですが、
僕は8412より9778より断然9395が好きです。
8412最強説を唱える方もたくさんいますが、個人的にはかなり苦手です。。
9395はレンジはそこまで広くないですが、すごく美味しいミドルが出て、
ギターにはめちゃくちゃ最適で非常に音楽的なシールドだと思います。
基本的に迷ったら、これにしておけば間違いないと思います。
ちなみにボードのパッチケーブルは全て9395指定で作って頂いております。


3つ目は、これまたケーブルメーカーとして有名なMOGAMI.
なんでもスコットヘンダーソンはこのケーブルをお気に入りで使っている
ようです。
MOGAMIの2524のイメージはめっちゃフラットで素直な音。
癖が本当になくて、音作りが非常にしやすく感じます。

それに対して、BELDENは音の癖が割と強めです。
強いけど、好きな人も多いという。

フラット目な音が好きなら、このMOGAMIかCustom Audio Japan
もしくはカナレあたりが個人的にオススメです。


『シールドなんてなんでも良いや!』
とお考えの方も多いですが、シールドで本当に音は変わります。
耐久性も含め、シールドは1つの大事な機材と考え、シールドも含めた
音作りを研究されると、より自分好みの音が見つかるかもしれません。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


www.kentarokaneko.com
Youtube: アカウント名 Kentyguitar
https://www.youtube.com/channel/UCVq2s-6ellIt8XCkuwaHPAA 
Twitter: @kenty_335
Instagram: kenty_335


コメント

このブログの人気の投稿

ストラトとジャズマススターの違い!?

ビンテージ Gibson ES-335の音って!?

KEMPERを使う理由、使わない理由(4)