譜面は紙?iPad?あなたはどっち?

みなさん、こんばんは。

今日は比較的最近ユーザーの多い電子での譜面と従来通りの紙での譜面
この2つについて僕の感想を書いていきたいと思います。

最近は非常に多くのミュージシャンが紙の譜面からiPadを使用しての
電子で出力する譜面に移行するケースが増えていると感じます。
僕が以前「初音ミク」の現場に参加させていただいたときは
僕以外のミューシジャンが全員iPadを使っての電子譜面で衝撃を受けました。
それに影響を受けて、僕もそのあとにiPad Proを導入しました。

紙譜面とiPad上の譜面

電子譜面の利点
まず何と言っても、

  • たくさんの譜面をデータとして持ち歩くことができる。 
たくさんの曲を弾かなければいけない現場や、何を弾くかいまいち決まっていない現場、または急に色々な曲の譜面を出す必要があるセッション現場などでは、とても便利です。紙では大量に持っていくのは現実的ではありません。
  •  タブレットに何度でも専用のペンを使って書いたり、消したりできる。
リハーサル現場などでは、その都度アレンジが変わっていく場合も非常に多いです。
そのような場合、紙でペンで何度も書き換えたりすると大変ですし、次第に紙も劣化し見えづらくなってしまいます。電子だと何度書きなおしてもそのような心配はありません。
  • タブレット自体にバックライト機能がついていて、暗闇でも明るいので、照明灯が必要としない。
  • Bluetoothを使った専用のフットコントローラーを使えば、足で譜面をめくることができる。

対して、紙での譜面の利点は、


  • デジタルのようなフリーズなどの予測不能なバグの心配がない。


  • 電子と違い2枚見開きで見れるので、譜面の行き方がより広範囲で見やすい。

他にもそれぞれたくさんの利点があるかもしれませんが、
僕がざっと思いつくところはこんなところでした。

僕は実際どのような割合でどのように使い分けているというと、

基本的に曲数が多い現場レッスンではiPadで譜面を見ることが多い。
しかし、より集中力が必要とされる現場や少しのミスも命取りな現場では
必ず紙の譜面を使用する。

というようにやっています。
僕はゴスペルの現場も長年やっていますが、
ゴスペル現場では、iPadに大量に今までやったゴスペル曲をデータとして入れてあり
それをいつでも出せる準備をし、使用しています。
レッスンなども色々な教材や資料をまとめてデータに入れておけるのでとても重宝しています。

ただ、基本的にライブではいまだにほとんど紙譜面で対応しています。
それは、単純に僕がまだデジタルものを信用していない。
ということに尽きると思います。

というのも、急に機械がバグったり、フリーズした経験をしていますし、
専用のフットコントローラーを使っての譜面めくりもちょっとした人為的なミスで
あさってのとこにページがいってしまうこともあります。
実際にライブ中に他のメンバーが操作ミスで違う曲の譜面に飛んでしまい
大変だったとの話も聞いたり。。

ということで、とてもとても便利な電子での譜面ですが、
僕自身がとてもアナログな人間ということもあり、便利機能より安全性を取って
紙譜面が好きということでした。
電子譜面が絶対良い!というミュージシャンの方々もたくさんいますし、
何事も慣れの問題だと思うので、これも譜面を見るデバイスの1つの選択肢として考えるのも良いかと思います。

www.kentarokaneko.com
Youtube: アカウント名 Kentyguitar
https://www.youtube.com/channel/UCVq2s-6ellIt8XCkuwaHPAA 
Twitter: @kenty_335
Instagram: kenty_335

コメント

このブログの人気の投稿

ストラトとジャズマススターの違い!?

ビンテージ Gibson ES-335の音って!?

KEMPERを使う理由、使わない理由(4)