ギターレッスン生の傾向

こんばんは。

すっかり涼しくなってきましたね。

 

今日は長年自分がレッスンをしてきて感じたことを書いていこうと思います。

 

レッスンをしていると様々な生徒さんに出会います。
せっかちですぐに弾けるようにならないとイライラしてしまう方、
ピッキングが常に力が強くガチャガチャ弾いてしまう方、
逆にピッキングがソフトで優しく奏でる方もいますし、
何ヶ月も何年も同じような課題にずっと向き合い集中してとりかかれる方、
とても上手いのになぜか自信がなく出音が小さい方など。


 
人の数だけ、性格や演奏も違うので教えていても色々気づかされることがあります。
 
 
ただ最近よく感じるのが、
あまり根気がない人が多いかな?ってことです。
ギターを始め、楽器の習得ってすごく大変なんです。
手軽に始めて手軽に格好良く弾けるようになりたい!
って思われて、習いに来られる方も多いですが、
やっぱりある程度格好良く弾けるようになるには何年もかかるものです。
でも、大抵の人はちょっとすると難しさに気づき挫折してしまうんですよね。
 
「先生、僕って才能ないんですかね?」

 
よく聞かれる言葉です。
ただ、そういう方ってすぐ結果が出るのを期待してるだけなように思います。
 

私的には、
「いやいや、今日それ練習し始めたばかりじゃないですか!そんな何十分で弾けるようになったら逆に凄すぎますよ。ギターはそんな簡単なものじゃないので練習をある適度時間かけてしないと、なかなか上達はしませんよ」
というのですが、やはりすぐ結果を求めてしまうし、
なかなか習得しないと嫌になってしまう方が多いように感じます。 


 
音楽の才能
それはあるとすれば、
『根気よく諦めずに練習し続けられる強い心』
なのかもしれませんね。

 

偉そうに書いてますが、
私も練習はそんなに好きな方ではないので、
練習します。。


KENTARO KANEKO
www.kentarokaneko.com
Youtube: アカウント名 Kentyguitar
https://www.youtube.com/channel/UCVq2s-6ellIt8XCkuwaHPAA 
Twitter: @kenty_335
Instagram: kenty_335

コメント

このブログの人気の投稿

ストラトとジャズマススターの違い!?

ビンテージ Gibson ES-335の音って!?

KEMPERを使う理由、使わない理由(4)