過去に行ったLA旅日記3日目(2010年2月)

この記事は2010年2月に書かれた記事を再構築したものです。
それでは、前回に続き、過去に行ったLA旅3日目をご覧ください。
________________________________________________________


LA旅3日目
昼にまたまたSunset Blvdの楽器屋へ。
初日に行った時にお目当てでもある
Mesa Boogieのお店が閉まっていたので、そこへ。

いやー、やはりアメリカはブギーが安い😀
エフェクターもだいぶ安いし、
友達はヘッドアンプを買うか買わないかで真剣に悩んでました。

その後はまたまたサンタモニカへ。

2日目に行ったときよりももっともっと細かくサンタモニカを探索&買い物。

3日目になぜサンタモニカに来たかというと、
夜にあのMichael Landauが今一番気に入っているギタリスト
Kirk Fletcherがライブをやるというので、午後から行ったのです。

夜はライブハウスちかくにたまたま日本の鉄板焼き屋があったので
そこへ。
やっぱ日本料理は落ち着きます。
ポン酢さいこーゴマだれさいこー。😃

そしていざ、ライブハウスへ。

いったら誰もお客さんがいなく、Kirkが1人サウンドチェック。😎
このあたりがいかにもアメリカって感じですね。
ミュージシャンとお客さんとの距離が近い近い。

しだいにお客さんも集まり、ほぼ満員の中スタート。

曲がはじまるや否やびっくりしました。
バンドがタイトでちょーグルーヴィ。
とくにベースが半端ない!!
誰だ?誰なんだ!?

正体はすぐに分かりました。
On Bass 「Travis Carlton」
あのLarry Carltonの息子さん。

今までも何回もトラヴィス見てきましたが
間近で体感するトラヴィスのベースはとてつもなくグルーヴィーでした。
他のプレイヤーは名前はよく分からなかったですが、
みんなとてつもなくうまく格好よかったです。😊

お目当てのカークも激うまで、どこまでもギターが歌っていて、
本当に最高でした。
(この日見て以来、ずっとカークの大ファンです♪ )

今回LAで見たライブではこの日のライブがダントツでよかったし、
カークのギターはずば抜けてすごかったです。

カークとトラヴィスこの2人が偶然にも見れただけでもすごいし、
またサックス、キーボード、ドラムの方も信じられないくらい
うまくセンスの塊のよう。

最高のライブでした。

この日は2ndセットまで見たので終わったのが25時過ぎ。
24時間走っているバスに乗り
ハリウッドへ帰ることに。

ところが、初めて乗るバスというのもあり
降りる場所が分からない。😅

結局、気づけば終点。😨

人気にないどこかも分からない場所in LA。
時間は深夜2時半過ぎ。。。
すごく怖かったです。

タクシーを呼ぼう試みましたが、
住所が分からないのでキョロキョロしていると
黒人のおばさんがシャガレ声で
「おい、どこに行きたいんだい?」
ハリウッドに行きたいということを伝えると
親切にどのバスに乗ればいいか教えてくれました。
LAは危ないと思って基本的に気は引き締めているんですが、
みんなすごく親切で感動しました。
このこと以外にもあと3回は親切にされました。😀

今よく考えてみると実はボストンのほうが危なかったりするんじゃないか?
なんて思う所も多々あります。

そんなこんなで無事バスに乗ったもののまたまた降りる場所が分からない。
今度は運転手さんに聞いて、無事降りれました。
そこから泊まっているホテルまで20分くらい歩いて無事到着。

夜はすっごく寒かったですが、人の暖かさを感じたLAの深夜でした。🙏

Kentaro Kaneko
www.kentarokaneko.com
Youtube: アカウント名 Kentyguitar
https://www.youtube.com/channel/UCVq2s-6ellIt8XCkuwaHPAA 
Twitter: @kenty_335
Instagram: kenty_335

コメント

このブログの人気の投稿

ストラトとジャズマススターの違い!?

ビンテージ Gibson ES-335の音って!?

KEMPERを使う理由、使わない理由(4)